為替

FXや外貨預金などの外国為替取引についての基本概念

FXの取引を行う上で欠かせないのが、「為替」という概念です。為替と一言でいってもその言葉の意味は外国の通貨を取り扱うというだけではなく、「現金以外の方法で決済をする方法」の総称という意味となっています。

 

そのため、たとえば郵便為替などのように直接取引先に送金ができない場合の決済方法として利用されることもあり、外国為替とは輸出入の際に利用されるものといえます。そして、FXとは外国為替取引のひとつとされています。

 

外国為替取引とは、文字通り「外国為替を取引する」ということであり、中でも高い人気があるのがFXというわけですが、もちろん外国為替取引とはFXだけというわけでもありません。

 

FXと並び多くの利用者が存在するのが「外貨預金」です。外貨預金とは、銀行を利用して「海外の通貨(=外貨)」を預金するというものですが、同じ外国為替取引であってもFXと外貨預金には様々な違いがあります。

 

まず、利益についてですが、外貨預金の場合が利益が出るまでに時間がかかるのに対し、

 

FXは短期的に利益をあげることが可能

 

です。外貨預金の場合は、取引についての手数料も高いというデメリットがありますので、短期間で利益を出すことが難しいという側面があるものの、FXに比べるとリスクが低いというメリットがあります。

 

外国為替の取引は、常に変動する為替相場を利用して利益をあげることを目的としています。

 

為替相場が動く要因には政治的・経済的な部分を含めて様々なものがありますので、FXや外貨預金で資産運用をするためには、文字通り様々な方面についてアンテナを張っておく必要があります。

 

もちろん為替変動のタイミングというのも、その要因によってすぐに影響が出るものとそうでないものとがありますので、市場の動向については常に気を配っておくことが大切です。

 

FXや外貨預金にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、外国為替取引をする際には、しっかりと情報を集めておくようにしましょう。